BRAND MESSAGE

美しさとその先の未来へ

CONCEPT

遠い昔、まだ病院がなかった頃のお話。病気にかかった人のために、人々は高山に赴き自然の中で育った植物から薬を作って病気を治していました。

人々にとって植物はお医者さんのような存在だったのです。

「植物医生 DR PLANT」という名前は、植物の力で
肌トラブルに悩む人々のお医者さんになりたい
という思いで名付けられました。

長年の研究により、平地で育った植物よりも、過酷な環境で育った高山植物の方がお肌に対する有用成分が遥かに高いことが分かりました。DR PLANTのスキンケア化粧品は空気が薄く、日照時間も長く、寒暖差の激しい過酷な高山で丁寧に育てた植物から抽出した美容成分を配合しています。

植物を守ることは私たちの未来も守ることだと考えています。

高山漢植物のこだわり

高山漢植物の特徴

標高が高い


空気の澄んだ綺麗な環境で育つ

日照時間が長い


紫外線に強く有用成分が凝縮されている

寒暖差が激しい


害虫が寄り付かず、無農薬栽培で育つ

主な高山漢植物

セッコク蘭

セッコク蘭
標高:1600m


中国古来から万能草と信じられており、日本でもその薬効から長生蘭と名付けられています。イギリス女王に中国の最高の贈り物としてセッコク蘭を贈呈したという逸話が残っています。また、本草和名(ほんぞうわみょう)という日本最古の植物辞典にも載っており、お肌へたっぷり水分を補充し乾燥を防ぎます。ハリ成分のセッコク蘭エキスをダブル配合で、お肌のキメを整えて、ハリのある潤い肌へ導いてくれます。

セッコク蘭シリーズ
雪蓮(スノーロータス)

雪蓮
標高:3700m


中国古来から伝わる9つの漢方のうち最も標高の高い雪山で育ちます。その凄まじい生命力を求めて古代皇帝の使者が雪山まで探し歩いたと言われています。紫外線にも強く、ポリフェノール、ビタミン、タンパク質を多く含んだ有効成分がパッと輝く透明感のあるお肌へ導きます。

スノーロータスシリーズ
紫レイシ

紫レイシ
標高:約1000m~2000m


紫レイシは、レイシの中でも希少性が高く、活性成分が多い種類です。古代では歴代皇帝は長生きのために労力を費やし高山の山奥まで探し求められたと伝えられています。DR PLANTはレイシの発酵エキスをシワケア成分として特化し、弾むようなふっくら肌へ導きます。

紫レイシシリーズ
冬虫夏草 (トウチュウカソウ)

冬虫夏草
標高:3500m


冬虫夏草(黄金虫草)は、冬には虫から栄養分を取り、夏にはその殻を破り捨て出てくるキノコのことで、中国古来から伝わる9つの有名な漢方の一つです。標高約3,500m以上の雪原に生息し、5年の歳月をかけ、人の手で丁寧に採集されます。冬虫夏草エキスを使用した化粧品がお肌の隅々に必要な栄養分を贅沢に補給し、年齢を重ねるほど若々しく輝くハリツヤ肌へ導きます。

冬虫夏草シリーズ

ABOUT US

DR PLANTは世界最高レベルの研究チームと共同開発をしています。

DR PLANT は世界に3つの研究所とOEM工場を所有しており、総勢80名の研究員(博士3名、植物専門科学者1名)共同で商品の開発を行っております。

研究、開発から製造まで全て自社で行っており、市場のニーズに合わせて素早く商品をお客様へ届けることができるのが弊社の強みでもあります。


01. 中国科学院昆明植物研究所ー植物医生開発センター(中国・雲南省)
02. アジア太平洋地域皮膚科学研究センター(中国・北京)
03. 自社OEM工場ー植物医生(広東)生物科技有限公司(中国・広東)
04. 漢方スキンケア科学研究センター株式会社(日本・東京)

中国代表メッセージ

北京植物医生株式会社 代表取締役社長 解勇

DR PLANT は中国の雲南省に世界一標高の高い場所に位置する植物園を所有しています。植物園といっても、そこは空気が薄く、日照時間も長く、寒暖差の激しい過酷な高山の中です。そのような植物園で丁寧に管理し育てた植物の仙草エキスを全てのスキンケア商品に配合しています。

たくさんのお客様にご愛用頂き、DR PLANTは300以上の都市で4400店舗を超えました。また、1300万名以上の会員を獲得し、中国では人気スキンケア化粧品ブランド5年連続1位を獲得しました。

そして、生物多様性の一環として高山植物の保護活動にも力を入れています。売り上げの一部は絶滅危惧種の植物保護活動に寄付しています“キレイになる”のその先へ。植物を守ることは私たちの未来を守ることでもあると考えています。

DR PLANTの化粧品を世界中の方々に愛してもらえるようになることも私たちの目標です。

DR PLANT 創設者
北京植物医生株式会社
代表取締役社長 解勇

日本植物医生代表メッセージ

日本植物医生株式会社 代表取締役社長 呂 萌

現代社会の中で化粧品に植物が使われることは一般的になっています。では何故、私たちは植物の中でも高山植物からエキスを採取する事にこだわったのか。化粧品に使用出来る植物成分はごく少量です。同じ様な植物から採取する成分分量に比べ、高山植物にはより多くの活性成分が採取出来る事から、高山植物から採集する事を選びました。

また、高山植物は寒暖差が激しく、植物にとってとても厳しい環境のなかで変化しながらゆっくりと成長します。その様な環境で成長する事は、一般の平地で育つ植物と比べ、汚染された空気にも触れていない、害虫も寄り付かないため農薬を使用する必要もない、綺麗な自然の中の環境で成長する事ができます。

それは、私達が目指すより良い製品を、より良い環境で作る、モノづくりの基本の考えにとってとても重要であると考えているからです。

DR PLANT 日本支社
日本植物医生株式会社
代表取締役社長 呂 萌

TOP