Save The Nature Project

地球の植物を守ろう
明るい未来に向けた取り組み

人間、植物、動物、昆虫など様々な生命がこの地球に存在しています。私たちができることは生命への感謝を忘れず、持続可能な地球環境をサポートしていくことだと考えています。私たちは小さな力はやがて大きな力になると信じて、2017年に「生物多様性 / 高山植物保護活動プロジェクト」を立ち上げました。私たちが一歩ずつできることとして、空瓶の回収からスタートしました。やがてその活動は大きくなり、現在は中国雲南省に野生高山植物の保護地区を設立し、2022年時点で5590種類以上の植物を保護しています。

生物多様性とは

私たちは生命のつながりを、「生物多様性」と呼んでいます。

多くの生命は他のたくさんの生物と関わり、生きていくことができます。この関わりをたどると地球上に生きている生きものたち全てが、直接的・間接的につながり合っていることが分かります。

「生物多様性」は、この地球という一つの壮大な環境そのものなのです。


医療に関しても、生物多様性が果たしている役割があります。人類の医療を支える医薬品の成分には、5 万種から7 万種もの植物からもたらされている物質が入っています。 そして、多様な自然環境の中には、まだ発見されていないさまざまな物質も数多く存在していると考えられています。これらが発見されれば、現代の医療が解決できていないさまざまな難病がいずれ治療できるようになるかもしれません。

しかし今、このさまざまな恵みが広く失われようとしています。

近年の人類による環境の搾取は、生物多様性が持っている自然の回復力、生産力を、25%も上回る規模で資源を消費させ、一気に枯渇させようとしています。それは、私たち人類が生物多様性から受けている恩恵を、自ら失うことでもあります。自然を守ることは私達人間の未来を守っていくことに繋がります。

DR PLANTは生物多様性の一環として高山植物保護活動を積極的に取り組んでいます。


※「WWF 生物多様性とは?その重要性と保全について」一部引用

これまでの活動

1.空き瓶回収企画
→2020年までに1500万本以上の空き瓶を回収し、社会貢献として、1.5億元、約30億円を寄付しました。

2. 植木まつり開始
→2009年から毎年の3~5月に各地域で会員様と一緒に植物の苗を植える活動を開始し、緑化面積は4万㎡を超えました。

3. 植物医生“徳育奨学金” を設立

4.麗江高山植物園設立

5.“生物多様性ー高山植物保護活動”プロジェクトを立ち上げる
→5月16日にある週を“生物多様性-高山保護公益週”高山植物保護公益週を設定

6.呉征镒植物学奨の設立
→呉氏は70年以上、植物科学研究をしている有名な科学者、ボタニストです。毎年生態系持続発展において成果のある研究者を表彰し、毎年100万元(約2000万円)を生物の生態系持続活動に寄付しています。

7. Discoveryチャンネルと≪高山植物の秘密を模索する≫のドキュメンタリー映画を制作

8.曼遠村と魯甸(雲南省)の二つの民族見本園設立
→中国にある曼遠村と魯甸という2つの地域で5590種類の絶滅危惧種の高山植物を復活させました。

9.世界環境基金ABS試験企業認定

10. 高山植物保護基地設立
→高山植物の多くが生息する雲南省に高山植物の保護基地を設立しました。

11. 雲南省から生物多様性活動企業として認定されました。

植物医生植物園について

世界で最も高い場所に位置するDR PLANT 植物園

標高2680~4300メートル、広さは278.8ヘクタールを占めています。これは東京ドームに換算すると約60個分広さです。標高が高く生物には厳しい環境が1年中続きます。DR PLANT はこの厳しい環境の中でも高山植物を守りながら、丁寧に育て、全ての化粧品に高山植物のエキスを使用しています。

TOP